考えるだけの会社ではない、行動して価値を創造する会社です

ホームページとは競争に打ち勝つための手段であり地域との温かい繋がりを育む方法であり活かすも殺すも先生次第です。

静岡のクリニック(診療所)を取り巻く環境は、一部の診療科目や一部の地域を除いて、確実に厳しくなってきております。また、この環境の厳しさは、加速度的に増していくこととなり、医療機関といえども、市場原理に巻き込まれていくことは必然の流れとなっております。
一方で、医療機関における広告表示等の規制はゆるむこともなく、集患に頭を悩ませながらも、打ち手が中々無い状況ではないでしょうか?

ホームページは営業マンではありません。そこにあるのはコミュニケーションの一部であり、営業しようと思ったら失敗します。

「玄関を開けた時に、目の前にセールスマンがいたらどうお感じになりますか?」
もし、ホームページが、営業ツールという概念で作られたものであったら、作り直しをお勧めいたします。
ホームページそのものは、ホームページに訪れる人々に対して、彼らの時間的・習慣的制約の中で、コミュニケーションを凝縮したものにすべきものです。
ご自身が伝えたいものと患者、利用者が知りたいことは決してイコールではございません。とはいえ、一人一人の知りたいことに耳を傾け、全ての人に対して必要なコミュニケーションを取ることも現実的には不可能です。

だからこそ、ホームページは“継続運用”を持ってはじめて中長期的なマーケティング上の資産となります

ホームページとパンフレットや広告をはじめとするその他コミュニケーションツールとの一番の違いは、「育つ」という要素がある点だと考えています。
デザインや中身を作っていくことなどももちろん作業上は重要なことでありますが、「ホームページは育てるもの」という概念をしっかりとお持ちになるかどうかのほうが格段に重要なことです。
育てないホームページはただそこにある看板や電柱広告と変わりません。それらは絶対に資産になることは無いです。
では、ホームページを育てることで得られる資産とは何か?
それは繰り返しになりますが、「コミュニケーションプロセス」とその「結果・成果」です。

私たちはお客様のブレーンとして将来的な資産となるべく、ホームページを制作・運用することを支援いたします。

私たちのホームページ制作のアプローチは大きく2つの定義に基づき進めていきます。

①「1:1の対話から1:2、1:3・・・n:n」となっていくことを理想とし、制作・運用をしていきます。
②自院(ホームページ)と1人の患者(見込み患者)の対話を想定し、その数を増やしていくことを「1:n」とし、いわゆる口コミとして拡散する状況を想定し、その数を増やしていくことを「n:n」と定義して、継続制作・運用をしていきます。

この定義を制作・運用上で実行することが「コミュニケーションプロセス」という資産となります。

そして、運用は「見えている事実」を基に、PDCAサイクルを推進していきます。基本的なものとしては以下2点となります。
①ホームページの数値測定・分析(月次・隔月等)からの課題化
②医院運営上の様々な“気づき”とホームページとのギャップの課題化

以下はホームページに関する記事となりますので、参考までにご覧いただければ幸いです。

・2014.06.12 クリニック集患におけるスマートフォンの役割 必要性

・2014.06.04 クリニックホームページ制作 管理より改善

Copyright © limpur, Inc. All Rights Reserved.