考えるだけの会社ではない、行動して価値を創造する会社です

外部blogよりfacebook twitterよりfacebook医療機関に適したソーシャルツールはfacebookと我々は考えます

基本的にはリスクを考えますと、ソーシャルツールを用いてのコミュニケーション展開は踏みとどまるべきところかもしれません。
ただ、私たちがお客様を支援する目的であるコミュニケーションプロセスの資産化を中長期的に積み重ねるのであれば、ソーシャルツールへの取り組みは避けて通れないものであると考えています。
従いまして、なるべくリスクを避け、運用コストを減らし、取り組みを開始できるもの、そして将来的にもその経験やソーシャルツールを用いて積み重ねていくコミュニケーションが価値あるものとしてなることを前提として考えますと、facebookへの取り組みをお奨めしています。

facebookの活用は、保険診療のクリニック様の方がマッチしています。地域での“信頼”というブランド資産を作っていくことに貢献できるのではないでしょうか?

facebookは地域への情報発信ツールとして捉えていただき、運用することで十分だと思います。ホームページなどのコミュニケ―ションツールで補完できない「双方向のコミュニケーションの実現」と「情報の拡散性」が期待できるものであり、適切な運用をしていければ、中長期的な資産となりうるに十分なポテンシャルを持っています。
とてもシンプルです。
地域に役立つ情報をそのお立場から発信いただき、双方向性のメリットとデメリットをしっかりと認識した上での継続的な運用をすることで、拡散性が高まっていくことは必然だと考えられます。
facebookもあくまでツールの1つです。ここでも重要になってくるのが情報の質とその頻度となります。

facebookは気軽に始めてください。制作や運用などはお気軽にご相談ください

facebookの正しい活用方法は「地域に役立つ情報発信」に尽きます。また、facebookそのものは今すぐ何かを生み出すものでもなく、将来的な競合優位性への布石として捉えていただき、取り組みを開始することが重要です。
難しく考えてしまい、facebookを始めないことは、良策ではないと考えます。ひと月に一回の情報発信でも構いませんし、忙しくて更新できない、ということであれば、そのままをfacebookで発信するだけでもそこまで大きな問題ではありません。
正しくその使い方を理解し、将来的な資産として捉えていただき、開始できるタイミングで開始されることをお勧めいたします。

Copyright © limpur, Inc. All Rights Reserved.