考えるだけの会社ではない、行動して価値を創造する会社です

日々考えることをアウトプット

パンダアップデート SEO対策情報

2014.05.28

米Google 特別エンジニア・マットカッツ氏は2014年5月20日、パンダアップデート 4.0 をロールアウトし、検索アルゴリズムの更新を開始したことをリリースしました。
そもそもパンダアップデートとはなんでしょうか?ということがあると思いますのでそちらから説明します。
まずgoogleの検索エンジンアのアップデートには良く聞くものとして、「パンダ」と「ペンギン」があります。どうやら、白黒をはっきりつける、という意味で命名されているようです。
パンダアップデート:コンテンツの質を再評価するためのアップデート
ペンギンアップデート:外部リンク(被リンク先)の再評価をするためのアップデート

今回のアップデートはあまりSEOやWEBなどに触らない人もニュースで聞かれたのではないでしょうか?

弊社のクライアントのクリニック様の1つが、もろに影響を受けてしまっています。
「○○ インプラント」「インプラント ○○」で2位前後をキープしていたのですが、一気に9位まで落ち込んでしまっています。
特にこのクリニック様は日本有数の競合が犇めく地域での対策であり、日ごろのコンテンツ運用が全くできていないことが、今回のアップデートにて再評価をされ、順位を落としてしまったことかと推測しています。こちらのクライアント様にはすぐに運用設計の提案をし、現在は順位回復に向かっての取組をスタートしております。
幸か不幸か、多くのクリニック様のSEO対策を運用させていただいておりますが、現在のところはそのクリニック様以外は影響を全く受けておりません。
SEO対策する市場(キーワード)の競合性が高いところでは、コンテンツの質が当然のように大事ですね。

ただし、一言でコンテンツの質と言ってもイメージが付きにくいと思います。
クリニックホームページや医療機関ホームページでのコンテンツの質を高めるってどういうこと?

弊社は、コンテンツの運用ルールをまず決めることを推奨しております。
「先生、ページ数を増やさないと、更新しないと、順位が落ちますよ」と言われてませんか?
これでは、30点です。
CMSなどの追加費用を取られて終了です。

弊社のアプローチは
①ホームページに訪れて欲しいユーザーニーズを決め、その深度でさらにニーズを分類しましょう
②ホームページに掲載する情報をニーズで分類しましょう。
③分類したニーズに合うコンテンツが現状あるかどうかを確認しましょう
④更新性のある情報を取り出しましょう
⑤更新性のある情報のターゲット属性を想定しましょう
・・・・・・・・・・続きます・・・

この作業を進めていくとコンテンツの質を高めるということを実現できます。

クリニックSEO対策のご相談は24時間365日メールで受け付けています。
こちらの問合わせフォームからご用命くださいませ。

Copyright © limpur, Inc. All Rights Reserved.